説明すべきもの

二重計上に「無言」で帰国へ=赤城農水相

 【北京27日時事】訪中した赤城徳彦農水相は27日午前、北京から空路帰国の途に就いた。北京空港で同農水相は、政治活動費の二重計上問題について、記者団の質問に一切答えず、無言で空港ビルに入った。
 農水相は、日本産米の中国販売記念式典に出席するため、25日に訪中。26日午後に帰国予定だったが、体調を崩し、1日延期した。 7月27日 時事通信


ここのところ赤城農水大臣ネタが多いのですが、別に個人攻撃をしようというつもりではありません。
しかしながらものすごく残念です。
先の松岡氏の後を引き受けたのだからクリーンな方だろうという思い(こちらが一方的に思い込んでいたのもありますが)を裏切られた感があるのは、多分僕だけではありますまい。

どうしてこうも次から次へと一般社会では許されざる事がボロボロと出てきてしまうのか。
そしてどうしてその度に口をつぐんで逃げてしまうのか。

我々が真に説明を伺いたいのは、顔の絆創膏の理由が『毛包炎』だなどと言う事ではなく、不明朗な金の行方。
とどのつまりその金の出資元は我々の税金であります・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2007-07-27 18:51 | 時事


<< やる気あんのか? 外れかけた大看板 >>