やる気あんのか?

「5千万件精査」未着手の社保庁に勧告=監視委の意見具申受け-菅総務相

 社会保険庁の業務を監視する総務省の「年金業務・社会保険庁監視等委員会」(委員長・葛西敬之JR東海会長)は27日、同庁が宙に浮く年金記録5000万件の実態を精査する作業にいまだ入っていないとして、善処を求めるよう菅義偉総務相に意見具申した。これを受けて総務相が同日、柳沢伯夫厚生労働相に勧告を行った。
 監視委の意見具申などによると、基礎年金番号に未統合の5000万件の存在が今年2月の予備的調査で判明した際、安倍晋三首相がその実態について詳しく精査するよう指示したにもかかわらず、現時点で作業に着手していないという。  7月27日  時事通信

何処まで腐ってるんでしょう?まさかここまでひどいとは夢想だにしませんでした。
社会保険庁っていうのはどうやら後世に名を残す腐敗振りのようですね。
表題は「やる気あんのか?」としましたが、そんなの無いのは一目瞭然ですがね。

それにしても同じ閣僚の菅総務大臣柳沢厚生労働大臣に意見具申っていうのも何だか間が抜けています。
自分の右手と左手でじゃんけんしている様な間抜けさ加減です。
その間抜けの主は言わずもがなのようで・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2007-07-28 00:17 | 時事


<< 宝 説明すべきもの >>