勧告

一夜明けて、今参議院選の結果が出揃いました。
自民党の歴史的大敗・・・。

安倍首相はインタビューでその責任を問われるとこう答えました。
「総理大臣としての責任の果し方は、就任した際に約束したことを実行に移すことだ。景気回復をしっかり果し、年金問題も解決していく」


仰るとおり。さもありなん。

安倍内閣の数々の暴言、政治とカネの問題、それに対する首相の判断力、決断力の欠如。そして埒が明かない年金問題に対しての国民の不信感。などなど・・・。
今回の選挙はそれらに対する国民の審判。
与党には議席の過半数を与えないと言う審判を下しました。

今までの国会で何度も見られた与党のゴリ押し法案採決。
それはかつての小泉人気で得体の知れない小泉チルドレンなどという政治素人を大量に衆議院に送り込み、自民に調子付かせてしまった産物です。
ふと気づいたら「何かこれってまずくねぇ?」と思っていた国民は、この参議院選で先の問題も含め小泉路線の継承者としての安倍首相にNOを出しました。

安倍首相の立位置は昨夜から一変しました。
どーもそれを肌身で感じていない・・・ピンと来ていないような気がしてならないのですが・・・。
今までだって思うよう実行なんて出来ていないのに、さらにままならないポジションに立たされ、どうやって「約束の実行」ができるのでしょう?
その一事を持ってしても首相の言葉は無責任極まりない。
即刻退陣なさるがよろしいかと存じます。
[PR]
by kazz1125 | 2007-07-30 09:27 | 時事


<< 台風とぜんそく 2007 参議院選 >>