「ほっ」と。キャンペーン

言い得て妙

のれん。
漢字で書くと暖簾。

暖簾分けとか暖簾を下ろすとか、商売に関しての言葉には事欠きません。

その意味は、yahoo辞書から引用させて頂きますと、
1 商家で屋号・店名などをしるし、軒先や店の出入り口にかけておく布。また、それに似た、室内の仕切り・装飾などに用いる布。のんれん。のうれん。
2 店の信用・格式。「―に傷がつく」
3 多年にわたる営業から生じる無形の経済的利益。得意先・仕入れ先関係、営業上の秘訣、信用、名声など。法律で権利とみなされることがある。

商売を生業とされる方にはとても大切なものです。

それを国家に置き換えて考えると如何なりましょうか。
暖簾=国の看板と言うと少し語弊がありますが、それを総理大臣そのものと置き換えても不自然ではないでしょう。
国家の顔である総理ですから、「日本」と言う店の立派な暖簾です。

こうも不祥事続きで、政府与党内からも辞任の声が聞こえているにも関らず、「職務を全うすることでその責任を果たしたい」の一点張りの安倍総理。

なるほど。
これぞ「暖簾に腕押し」ですね。
言い得て妙とは正にこの事でした。

だけどね。
どんなお店でも暖簾が汚れたり、傷付いたりするのは避けるものです・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2007-09-09 00:27 | 世間話


<< ほう 学園祭 >>