希代の無責任男

昼飯時に飛び込んできたニュース・・・。
ちょうどラーメン屋さんのテレビでこれが流れてました。

安倍首相が退陣の意向、記者会見で表明

 安倍晋三首相(52)は12日午後、首相官邸で記者会見し、退陣する意向を明らかにした。

 首相は、夏の参院選での与党大敗を受け、内閣改造に踏み切ったが、政権浮揚を果たせなかった上、民主党が対決姿勢を示す中、テロ対策特別措置法延長問題を抱える臨時国会の乗り切りが難しいと判断した。自民党は月内にも後継を選出する見通しだ。党内からは、麻生太郎幹事長のほか、谷垣禎一・元財務相、福田康夫・元官房長官、与謝野馨官房長官らを推す声が出ている。

 首相は午後2時からの記者会見で辞任を決断した理由として、「国民の支持、信頼の面で、力強く政策を前に進めていくことは困難な状況だ。ここは自らがけじめをつけることによって局面を打開しなければならないとの判断にいたった」と語った。 9月12日  読売新聞


昨年9月就任以来、大臣の政治と金の問題を皮切りに、すべての問題に後手後手で回ってきた安倍総理、ついに自分の出処進退までタイミングを見失ってしまいましたね。

二度目の組閣を終えて所信表明演説をしたばかり。
国会での代表答弁が行われるタイミングでの辞意表明。
判断力とかタイミングとか間の取り方のずれてる方だとは感じていましたが、まさかここまでずれてるとは思わなかった。

そしてその記者会見の内容も、言ってることが訳がわからない。
この期に及んで言うべき内容ではないですね。
この会見を参院選で敗北が明らかになった時に言うのならまだしも、今日のこの時点で言う感覚自体が政治感覚の欠如でしょう。
健康の問題云々も言われているようですが、それならそれを堂々とおっしゃればよろしい。
何も小沢さんのせいにする必要などありゃしない。

ま、歴史に残る希代の無責任男だったということが良くわかりました。

昨年9月22日、こんな記事を書いています。
母校の先輩ということで正直うれしかったんですよ、あの頃は。
でも世間の評価と同じく、次第次第に応援する気が失せて来た。
それはやはり国民不在の政治運営が一番の理由でしょうか。

今日ラーメン屋で隣合わせていた私より少し年配のオジサンが話しかけてきました。
「何で今日の今日、辞任何だろうねぇ。お坊ちゃんは駄目だね。
大体成蹊なんて総理大臣が出る学校じゃないよねぇ。」

「そ、そうですよね・・・」悔しいけど、返す言葉もありませんでした。

♪お~れはこの世で一番、無責任といわれた男!
[PR]
by kazz1125 | 2007-09-12 20:26 | 時事


<< 求人広告 何だお前らもかよ・・・ >>