落日の予感

一昨日まで大本命と目されていた麻生氏。
昨日はいきなりの福田氏の台頭。
どうやらこのお二人の一騎打ちとなりそうな気配ですね。
メディアではもっぱらこの話題。
安倍氏の動向はすでに消えつつある・・・。

渡辺行革相「4丁目の夕日みたい」 総裁選、派閥論理を批判

 渡辺喜美行革担当相は14日午前の記者会見で、同日告示の自民党総裁選について「(安倍晋三首相が薦めた映画の)『3丁目の夕日』どころか『4丁目、5丁目の夕日』みたいだ。派閥の話し合いで総裁を決める時代じゃない」と述べた。

 この発言は古賀、山崎、二階など各派領袖が事前協議で、続々と福田康夫元官房長官の支持を固めていることを批判したものとみられる。

 渡辺氏は「やはり改革を継続し、発展させることが大事だ。その方向性を持った人に新しい首相・総裁になってほしい」と語り、安倍政権の改革路線を継承する候補を支持する考えを示した。 9/13 iza


僕も渡辺氏の意見、センスの欠片も無い喩えはどうでもいいとして、概ね賛成です。
安倍政権の改革路線を国民が熱望するのなら、参院選だってもっと違った結果だったはず。路線継承云々は賛成できませんが、総裁選に対しての意見は同じ事を感じています。
この期に及んで昭和にやっていたのと同じ派閥の党内政治で決めてる場合じゃないでしょう・・・。
小泉以前に戻してどうするんだっつーの。
そういう国民不在のツケが今の自民党に回ってきていると言うことがわかんないんですかね。

「総裁選と言う名の派閥の戦い」を繰り返している限り、国民は少しずつ離れてゆくのは間違いありません。

最近頓に感じること。
何だかこの頃自民党読売ジャイアンツが似て見えて仕方がありません。
落日の予感・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2007-09-14 12:18 | 時事


<< ささやかなこの人生 1 毛穴スッキリパック >>