なめないで頂きたい

「万死に値、命で償いを」=遺族が陳述、うつむく被告-光市母子殺害・広島高裁

 1999年4月に起きた山口県光市の母子殺害事件で、殺人などの罪に問われ、最高裁が一、二審の無期懲役判決を破棄した当時18歳の少年だった被告(26)の差し戻し控訴審第10回公判は20日午後も、広島高裁(楢崎康英裁判長)で続き、会社員本村洋さん(31)ら遺族が法廷で意見陳述した。
 本村さんは5年9カ月ぶりにこの裁判で証言に立ち、差し戻し前の二審で陳述した内容を振り返りながら、「君の犯した罪は万死に値する。命をもって罪を償わなければならない」と強い口調で被告に語り掛けた。
 殺意や乱暴目的を否認している点にも触れ、「君が心の底から真実を話しているように思えない。だから、謝罪の言葉を述べようとも信じられない」と傍聴してきた感想を明かした。
 被告はジャケット姿でうつむいて耳を傾け、陳述後に深く一礼したが、本村さんは被告と終始目を合わせなかった。  9月20日 時事通信


この事件に関しての記事は何件目になるでしょう。
その度に憤りを感じるのは僕だけではありますまい。
その姿を見る度に、被害者遺族本村さんの姿は透き通るように澄んで行くように思えます。
耐え難き心の苦しみに打ち克った結果なのでしょうか・・・。

今日、被告が検察官に発した最後の言葉。
「今以上の苦しみは実生活において容易に想定できます。それを踏まえてでも生きたい。
僕の方から検察官に言わせて頂ければ、なめないで頂きたい」
真に贖罪の意識があるのなら、到底発せられるべき言葉ではありませんね。

ま、そういう被告人こそ、社会を、そして世間をなめないで頂きたいもんだ。
[PR]
by kazz1125 | 2007-09-20 23:26 | 時事


<< 絵日記 ささやかなこの人生 4 >>