三度の飯より・・・

三度の飯より~が好き」とか「病膏肓に入る」だとか、一つの物事に入れ込むことの喩えがあります。

今は自分自身が熱中していることがないので、そういうものがある方はとってもうらやましい。
僕自身も何か夢中になれるものを見つけたいなぁと思いつつも、現実には仕事や生活に追われて何だか一杯一杯。
40半ば。そろそろ余裕が欲しいもんですね。

三度の飯より釣りが好きだという奴がいます。
そいつ曰く「飯食ってる時間すらもったいない。釣りが出来るんなら飯なんて食わんでもいい」などと大言壮語。
すっげ~入れ込みようだとは思うのですが、でも後で必ず腹減った~と大飯食います。
結局、飯食うくせに!

ま、世の中、そんなもんです。
のんびり行きまっしょい。
[PR]
by kazz1125 | 2007-09-22 08:12 | 世間話


<< 安倍政権の残したもの ささやかなこの人生 5 >>