お施主様

本日、「公共事業労務費調査(平成19年10月調査)説明会」というものに出席のため、日比谷公会堂へ行って参りました。

これは文字通り公共工事の労務費・・・我々が携わる公共工事で従業員にどれくらいのお金や労働時間を費やしているのか、つまり賃金の支払い実態を国土交通省、農林水産省が把握するための調査です。

確かにその必要性は認めます。
特に建設業はその賃金のみならず労働条件や労働環境に対して、他業種に比してもかなりのビハインドを背負っています。
自分たちのためにもより良くしてゆく努力は怠るべきではありません。
「よし、ここは一発きちんと話を聞いて、調査に協力しよう!」と眦を決して会場に到着。

ところが。
説明が単調でどうにもつまらん・・・。
公共事業労務費調査の手引き」という小冊子が事前に配られていたので、ある程度読んでいった僕は、その小冊子のままの説明に開始20分後からただひたすら睡魔との闘い。
最後はついに睡魔との闘いに白旗すら揚げてしまったのでした・・・。

今日の説明会。
たくさんの公共工事に携わる施工業者さんが来ていました。
しかしながら、「社命で話を聞いて来いって言われたサラリーマンの方」ならまだしも、僕のような零細企業主にははっきり言って時間がもったいな過ぎ。
半日丸潰れですからね・・・。

折角の説明会です。
より実のあるものにして頂ければ、我々の側もより良い調査のためにもっと協力できると思うんだけどなぁ。
ま、お役所仕事だから民間のそんな都合は考えちゃくれないんだろうけどね。
何たって公共工事となれば「お施主様」だからなぁ。
結局お施主様には逆らえんのですよ、我々は・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2007-09-27 19:35 | 雑感


<< ささやかなこの人生 9 ぶつぶつ >>