パンドラの箱

年金横領で指名手配、小倉南社保事務所元係長を逮捕

 国民年金の保険加入者から徴収した保険料約30万円を着服したとして、福岡県警から業務上横領容疑で全国に指名手配されていた小倉南社会保険事務所(北九州市小倉南区)の元係長、北川勝久容疑者(37)が8日、熊本市内の風俗店で従業員として働いているところを福岡県警の捜査員に発見され、同容疑で逮捕された。

 社保庁職員による年金横領問題では、8月末に就任した舛添厚生労働相が「盗っ人は最後の一人まで探し出す」などと繰り返し発言。問題化して以降、初めての逮捕者になった。

 調べによると、北川容疑者は同事務所で国民年金保険料の徴収業務をしていた2006年2~5月、加入者7人の自宅を訪問。同事務所の金庫から盗み取った領収証を加入者に渡し、現金を受け取る手口で、7人から徴収した保険料計100万5900円を着服したとして昨年12月、福岡社会保険事務局が告訴していた。県警は容疑が固まった2人分約30万円分について、北川容疑者を逮捕した。容疑を認めている。 10月8日  読売新聞


いよいよと言いましょうか、ようやくといいましょうか・・・。
舛添厚生労働大臣の辣腕発揮!と言いたいところですが、ちょっと待って下さいよ。
これってさぁ、考えてみれば当たり前の話で、こんな事が山ほどあったにも関らず、今まで逮捕者が出ていない事自体がおかしくねぇか?
そんな風だから尚更そういう犯罪を助長してきたって言う土壌があるわけでしょ?
まぁそのパンドラの箱的なものに手をつけた舛添さんは偉いけどさ。
見逃してきた事自体がそもそもおかしいのであって、今までが法に適っていなかっただけの話。
そんなに持ち上げるほどでもないと思うぜ。

まだまだこれからこれから。
[PR]
by kazz1125 | 2007-10-09 00:59 | 時事


<< 温もりの温度差 儚い >>