お互い様

交通量の多い県道の信号の無い横断歩道。
途切れることの無い車の列に、自転車の女子高生が困り顔で待っています。

ちょうど我が家の娘と同じ年頃。
ほんの一電車遅れて、遅刻になっちゃったら可哀そうだよなぁ。
何となく娘が困ってるような気がして、トラックの速度を緩め反対車線の車にもパッシングして止まってやってくれの合図。

その時にこっと笑顔を見せペコリと頭を下げるのももどかしく、大急ぎで自転車を漕ぎ出した彼女。

家の娘もこうしてどこかでどなたかのお世話になる事もあるでしょう。
お互い様かぁ。

秋の風は今日も爽やかに吹き抜けて行きます。
[PR]
by kazz1125 | 2007-10-17 11:28 | 風景


<< 謝りの誤り ささやかなこの人生 11 >>