お代官様と御用商人

守屋前防衛事務次官、便宜供与は「一切ない」 証人喚問で

 守屋武昌前防衛事務次官が防衛専門商社「山田洋行」の宮崎元伸・元専務からゴルフなどの接待を受けていた問題で、衆院は29日午後、テロ防止特別委員会(深谷隆司委員長)で守屋氏を証人喚問した。守屋氏は宮崎氏と5年間で100回以上にわたりゴルフをプレーしたことを認め、「利害関係者とゴルフをやるのは配慮にかけた不適切な行為だった」と述べ、自衛隊員倫理規程に違反することを認識していたことを明らかにした。

  中略
 
 証人喚問で、守屋氏は宣誓した後、深谷委員長の総括的な尋問に応じた。守屋氏は冒頭で、一連の事態について反省の弁を述べた上で、新テロ対策特別措置法案の審議に及ぼした影響について「私の不祥事が大きな障害になっていることを次官の職にあったものとして痛切に責任を感じている」と謝罪した。
 守屋氏は、ゴルフ接待は多いときで月に4回、年で20-30回に上っていたと証言。半分以上は夫人が同伴し、プレーに際しては偽名を使っていたことを認めた。山田洋行は18年度までの5年間で約170億円分の装備品を納入した実績を持つが、守屋氏は装備品調達をめぐり便宜を図ったことは「一切ない」と否定した。

  後略                         10月29日 産経新聞


国会での証人喚問・・・これには議院証言法に則り「良心に従って真実を述べ何事も隠さず何事も付け加えない」という宣誓をします。そしてここでの証言に嘘偽りがあった場合は偽証罪に引っ掛かります。
いずれにしてもここで証言される方は社会的に重大な問題でのそれなりに疑わしかったり怪しかったりする方が多いと思われます。
その偽証罪を避けんがために「記憶にございません」とか「刑事訴追の恐れがありますので証言を拒否します」という、この期に及んでのふざけた発言をする輩が過去にもたくさんおりました。
しかしながら今回の守屋氏はゴルフやマージャンなどの接待の事実はきちんと認めた上で、山田洋行への便宜は図っていないと断言したわけですよね・・・。

ありえないって!

あのねぇ、守屋さんさぁ。
企業はメリットがないところに余計なお金は使わないんだよ。
「水戸黄門」に出てくる御用商人の越前屋や三河屋だってお代官様への袖の下は、あくまでも下心があっての話だからね・・・。
見返りがなければそんな無駄金は使わないのよ、世間一般では。
守屋さん、少し世間とずれてるんじゃねーの?
そんな上辺だけの言葉で丸め込まれるほど世間は甘くないぜ。

ゴルフはしばらく止めて「水戸黄門」見て少しは世の中のこと勉強したほうがいいな。
[PR]
by kazz1125 | 2007-10-29 19:21 | 時事


<< ご利用は計画的に「きちんと」 空が教えてくれたこと >>