卑怯者

久間元防衛相が入院へ=解離性大動脈瘤で、30日から

 自民党の久間章生元防衛相は29日午後、三重県四日市市で開かれた同党衆院議員の会合で講演し、解離性大動脈瘤(りゅう)の手術のため30日から入院することを明らかにした。久間氏は「『早くしないと(同じ病気だった俳優の)石原裕次郎みたいになる。人工の血管に替えなさい』と医者から脅された」と語った。このため30日からのロシア出張も急きょ中止したという。
 久間氏は昨年9月の安倍内閣発足に伴い、2度目の防衛庁長官に就任。今年1月に初代防衛相となったが、在任中に防衛専門商社「山田洋行」の元専務らから都内で飲食接待を受けていたことが明らかになっている。 10月29日  時事通信


う~~ん。
失言も多かったが、飄々とした印象で正直嫌いな政治家ではなかったんですがねぇ。
しかしながら年貢の納め時かな・・・。

こうも卑怯者だとは思わなかった。
残念です。九州男児だろ?
俺の知ってる九州男児は駄目なら駄目でも、もっと男らしかったぜ。
[PR]
by kazz1125 | 2007-10-29 23:36 | 時事


<< 初恋 ご利用は計画的に「きちんと」 >>