窮鼠猫を噛む

いかな防衛省内で「天皇」と呼ばれた男にも、その上には上がいた。
それが元防衛大臣、長官であった久間氏であり額賀氏だったということでしょうか。

守屋前次官の証人喚問での発言と、久間、額賀両氏の主張は大きく隔たり、平行線を辿る一方です。
いずれにしてもどちらかが虚偽の発言であると言うことに他なりません。

まぁ素人考えですが、守屋氏からすれば、「自分だけ針の筵に座らされて晒し者にされているのなら洗い浚いしゃべっちまえ」と言うのが、今回の構図のように思えてならないのですがねぇ。
いずれにせよ、巨額の防衛費を食い物にしている奴がいる。
これだけは間違いない事実です。
全てを白日の下に晒すまでは追求の手を拱く様な真似はしてもらいたくありません。

窮鼠猫を噛む
Yahoo辞書によりますと、「追いつめられた鼠が猫にかみつくように、弱い者も追いつめられると強い者に反撃することがある。」とあります。
[PR]
by kazz1125 | 2007-11-20 08:58 | 時事


<< 睡眠不足 バタークリーム >>