暮れの元気な文具店

この時期、独特の空気感を持つのがステーショナリーショップ。
文房具屋さんです。

店頭を賑わせているのはこんなものたち。
翌年度版の手帳やシステム手帳。
「四緑 先負 きのえ うま」とか書かれた実用一点張りのもの、愛らしい子犬の写真、アイドルなどのカレンダー。
見ているだけで鈴の音が聞こえてきそうな色とりどりのクリスマスカード。

僕の最寄のところだと「ロフト」あたりに行くとこの空気に包まれることが出来るのですが、子どもの頃から、この「文房具屋さんの匂い」が何か好きだったりします。
次第に高揚して来るワクワク感が不思議です。

僕もそろそろ来年のリフィルを買いに行きたいな。

それにしてもこの手のお店って女性は特に好きですよね。
実際お店に行くと、まず8割方が女性のお客さんだと感じます。
我が家の娘二人も例に漏れず大した用もないのにしょっちゅう行ってるみたいです。

そう言えば長女がちっちゃい頃「貧乏具屋さん」と言っていたのをふと思い出しました(実話!)
[PR]
by kazz1125 | 2007-11-23 10:39 | 世間話


<< 頭スキャン 働く >>