言葉が伝えるもの

下の二つの文章。
たった一言入れ替えただけでこんなにも伝わるものが違うんですね。

面白い・・・。

少し違う例ですが、同じ事を言うにしてもその言い方や微妙なトーンによって伝わることが違うというのもままあります。
また逆に何人かの前で同じ事を言ったにも関わらず、受け止め方がそれぞれ違う場合もあります。

言葉って、物理的に言えば空気を振動させて伝わる音の組み合わせ。
それを人がお互いに意思の疎通のために発するものなのでしょうが、言葉の額面通りだけではなく「行間を読む力」や最近流行りの「空気を読む」力も含めて磨いてゆかないと、正確な意思の疎通には程遠いことも多いようです。

それだもの、言葉のみならず文化までもが大きく違う外国との意思の疎通は難しいに決まってますよね・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2007-11-29 20:19 | 言の葉


<< さわやかなこの人生 便秘 >>