金に飽かした環境改善

ハンガリーのホットエア購入へ 政府、京都議定書の目標達成で

 政府は26日までに、京都議定書で定められた二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガス削減目標達成のため、中東欧諸国で余っている排出権(ホットエア)を、相手国が環境改善に取り組むことを条件に購入することを決めた。排出権購入額を抑えるためで、週内にもハンガリーと覚書を交わして来年早々に購入する。

 ハンガリーは日本と同様、2008~12年平均の排出量を1990年比で6%削減するよう、京都議定書で義務づけられている。しかし、1990年以降の景気低迷で排出量が激減、最大で目標より1億トン程度少なくなる見通しになっている。

 景気低迷による排出量の減少は中東欧諸国やロシアなどに共通。これら削減努力なしに得られる排出枠の余剰は、ホットエアと呼ばれている。世界全体で60億トン以上あるとみられるが、ホットエアは単純に購入するだけでは排出削減などにつながらない。

 このため、政府はハンガリーが太陽光発電の導入や公害防止など、購入費を環境改善に充てる条件で購入することにした。これは「グリーン投資スキーム(GIS)」と呼ばれる仕組み。ハンガリーはGISを使ったホットエアの初の売却国。政府はチェコなどの中東欧諸国からもGISでの購入を目指す。ホットエアは一般的な排出権よりも割安で購入できる見込み。11/26 iza


目標達成はとっても大切なこと。
それは国家であれ個人であれ何ら変わらないとは思いますが、これは・・・何かちょっと違わねーか?

地球の未来のため温室効果ガスの排出を抑える事が急務なのであって、その目標数字を達成することが目的ではないはずですよね。
正確な数字は忘れてしまいましたが、これに確か何千億円というお金を支払うというように記憶しています。
これももちろん我々の税金から拠出されるお金だし・・・。
いずれにしたって金に飽かして帳尻あわせって感じがすっごくイヤ。
えもいわれぬこっ恥ずかしさ。
同じお金使うなら、抜本的な対策に使った方がよっぽど賢明だと思うんだがねぇ。

それとも何かい?
クリスマスキャンペーンで「ハンガリー舞曲」の生演奏でもついてるってぇのかい?
ま、それじゃしょーがねーな。
[PR]
by kazz1125 | 2007-12-02 08:11 | 時事


<< 星野JAPAN 晴耕雨読 >>