校則の重さ

教諭が茶髪男子生徒に黒髪染めスプレーかける 兵庫・川西

 兵庫県川西市の市立中学で10月、茶髪にした男子生徒の髪を、担任教師らが髪染めスプレーで黒く染め直していたことが6日、わかった。生徒と保護者は人権侵害にあたるとして、市の第三者機関「子どもの人権オンブズパーソン」に申し立てたが、市教委は事実を認めたうえで、「生徒の了解を得ており、人権侵害にあたらない」としている。
 市教委によると、中間テスト初日の10月11日、校則で禁じられている茶髪で登校した男子生徒を、教諭が注意。髪染めスプレーを持っていた別の教諭らとともに、生徒を保健室に連れて行き、スプレーで染め直した。
 申し立てによると、生徒は、「自身で髪を染めなさい」とする教諭の指示を拒否したところ、教諭が体を押さえつけてスプレーをかけたという。
 一方、市教委は「生徒は、教諭に対して拒否せず応じており、教諭が体を押さえつけた事実もない」としている。 12月6日 産経新聞


校則違反。
僕らが中高生の頃は、程度の問題もありますが、目に余るものに対しては当たり前のように引っ叩かれたり、ぶん殴られたりしたもんです。
かく言う私目も、何度かこっぴどくやられました。
保健体育の座学の時間に「キューブ」を無心にやっていて、ふと人の気配を感じたら、日体大卒の丸太の様な腕の体育の先生にニッコリ笑われると同時に目から星が瞬いたとか・・・。
自分に非があるのが明らかな時は、素直にぶん殴られた覚えがあります(素直だったかどうかはちょっと疑問ですが・・・)。

このニュースの事例。
校則違反は明らか。
それでどうこうされたからって親も生徒もガタガタ言うんじゃねーっつーの。
そもそも校則違反で髪を染めてんだから、それなりのリスクを背負ってるのは当たり前でしょ?
暴走族が信号無視して交差点に入るのと何等変わらない。
おまわりさんに見つかれば道交法違反で切符切られるのは百も承知でやってるのと同じ。

それで、「強制的に指導」されたからってどうこう言うのはお門違い。
文句言うのは、筋を通してからだな・・・。
人権侵害」なんて大義名分を口にするのは、ルールを守る人が言うべきことだからね。勘違いしないように。
[PR]
by kazz1125 | 2007-12-07 01:07 | 時事


<< 嘘 黙れ >>