戦勝国アメリカ

米国大使館 10年ぶり借地料支払う 日本側値上げに合意

 在日米国大使館(東京都港区)が建つ国有地約1万3000平方メートルの借地料を巡り、米政府は98年以降滞納を続けていたが、10年ぶりに支払いを再開することを決めた。借地料の大幅な値上げに難色を示していたものだが、今月中に98年分の借地料が時効を迎えることなどから、日米両政府は10日、段階的な引き上げで合意した。

 財務省などによると、同大使館の借地料は周辺地価の上昇に合わせて2度改定し、83~97年までは年252万円だった。98年に3度目の値上げを打診したところ、米側は「そもそも1896(明治29)年に交わした契約文書に値上げの規定はなく、大幅な値上げには応じられない」と、100年以上前の古文書を引き合いに出して支払いを拒否していた。

 今回の合意で、98~07年分は年700万円とし、08~12年は年1000万円、13~27年は年1500万円に引き上げられる。米側は同日までに10年分の借地料7000万円を支払った。

 米国以外に英国、スペイン、メキシコも大使館用地として国有地を借りているが、借地料を滞納した例はないという。 12月11日 毎日新聞


もう一つ・・・

米軍住宅「高すぎる」防衛相が見直し言及

 参院決算委員会は10日、福田康夫首相と全閣僚が出席し、平成18年度決算に関する質疑を行った。石破茂防衛相は沖縄駐留米海兵隊のグアム移転に関し、日米合意に基づき新築する住宅1戸当たりの見積額が7000万円を超えることを明らかにした上で、「そんな豪華な家を税金で提供する必要があるのか。どう考えても高すぎるというのが普通の感覚だ」と述べ、見直しを行う考えを示した。
 石破氏は「米国が言い値で言っている話。これから積算根拠を示してもらい、きちんと精査する」と述べた。  ~後略~   12月10日  産経新聞

アメリカと言う国は未だに戦勝国と言う意識が働いているんでしょうね・・・。
と言うより日本を属国もしくは占領地とでも思ってるかもしれない。
なぁんかバカにされてますよねぇ。
思いやり予算なんていうのはその最たる例です。
日本ならびに極東地域に平和と安全をもたらすとされる日米安全保障体制・・・。
一見、日本の為のようですが、その実は極東地域の前線基地でもあるわけです。
どうも大義名分を翳した故の驕りが感じられてならない。


戦後60有余年。
素人考えですが、そろそろアメリカの言いなりももういいんじゃないかなとも思います。
アメリカも大上段から「世界の正義」を構えるのなら、「正しい」正論(変な言葉)を唱えて頂きたいですね。

残念なことにアメリカには「驕る平家は久しからず」って言う言葉が無いんだよな・・・。
仕方ないから「Yankee go home!」とでも言ってやるかな。
[PR]
by kazz1125 | 2007-12-11 23:20 | 時事


<< 偽 謝罪会見当たり年 >>