風花

君の黒いコートの肩に
風花がふわりふわり

天空の彼方から
音も無く舞い降りてきた結晶が
君の肩に
偶然辿り着く確率と
君と僕とが
こうして出逢った確率とは
どちらが大きいのかな

どちらにしても
始まりは偶然なのだろうけど
いつか
偶然が必然だったと
思えるといいね・・・
[PR]
by kazz1125 | 2007-12-16 17:05 |


<< 心の棘を抜きたいな トイレの落書き >>