「ほっ」と。キャンペーン

わかってそうでわかってないこと

今日は朝から電話ばっかり・・・。
やっと一段落です。
何か寒いんですよ。
今日の関東地方は結構冷え込んでいまして、そんな日は工場事務所の足元が冷える冷える。年のせいかしらん?
机の下に遠赤外線ハロゲンヒーターを仕込みまして、それで足元を暖めています。

そこでふとした疑問。
今や結構あちこちで見聞きする遠赤外線ハロゲンヒーター。
赤外線と言う言葉は知っていたが、「遠い」赤外線になったのはいつ頃からだ?
第一遠いのがあると言う事は近いのもあるのか??
そもそも赤外線て何よ???


調べてみたらちゃんとありました。
遠赤外線と言うのは物質の内部を暖める電磁波だそうで、地球上の生命に欠くことのできない育成光線などとも呼ばれているそうな・・・。
もっとたくさんの事がこちらのサイトに説明されています。

どうも昔からなんですが、この手の科学的な文章を読んでいると途中から頭が受け付けなくなって読み飛ばしてしまう癖がありまして。
僕の頭にも育成光線を浴びせなくてはいけないようで・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2008-01-11 11:34 | 世間話


<< ハニカマナイ王子 言葉の可笑しみ >>