時期を逸して

安倍前首相:「戦う政治家として再び全力を尽くす」 下関、長門で新春の集い /山口

 安倍晋三前首相が26日、地元・下関市の豊浦町と長門市で新春の集いを開いた。前首相は多くの後援会員を前に「再び戦う政治家として、この地選出の政治家として新たな思いで全力を尽くす」とあいさつした。
 豊浦町の川棚グランドホテルお多福では、山口選出の林芳正、岸信夫両参院議員のほか、後援会員約600人が出席した。
 前首相は開会中の通常国会に触れ「国民生活を守るという観点から与野党が協力することも必要」と主張。また、祖父の岸信介元首相の故事を引き「(戦犯として収容されていた)60年前、刑務所を釈放されて政治活動を再開したのがネズミ年だった。今年は同じえと。私も政治家として新たな歩みを始める」と述べた。 1月27日 毎日新聞


再び全力?
この言葉にも引っかかるのですが、ともかく今更そんなこと・・・。
あなたが全力を尽くすべき時は今ではなかったはずだ。
[PR]
by kazz1125 | 2008-01-27 20:56 | 時事


<< チェンジアップ 受験 >>