リセットボタン

国交省:マッサージチェアにカラオケセット…道路財源で購入、また

 揮発油(ガソリン)税などの道路特定財源を原資にする特別会計から国土交通省がレクリエーション費を支出していた問題で、冬柴鉄三国交相は5日の閣議後会見で、職員用のマッサージチェアを01年度までに23台購入していたことを明らかにした。国交相は「02年度以降の購入はなく、その後は内部通達で禁止した」と説明した。

 参院予算委員会でも5日、この問題が取り上げられ、冬柴国交相はカラオケセット1台を01年度までに国交省の関東整備局で購入していたことを明らかにした。価格は97万4998円だった。

 国交省によると、マッサージチェアの購入は福利厚生の一環で、全国の職員向けに健康管理費として支出した。05年度から内規で禁止したという。

 道路特定財源の使途をめぐっては、野球のグラブ代や宿舎建設費を特別会計から支出していたことに批判が集まり、国交省は先月、レクリエーション費を一般会計でまかない、グラブ代など個人的なものへの支出を中止した。毎日新聞 2008年2月5日 


この一事を持ってしても、ガソリンの暫定税率なんてバカバカしくて認めるわけにはいかないっすねぇ・・・。
私たちが高いガソリン代を耐え忍んで払ってるのに、何で国交省のヤツらが遊ぶためのグローブだの福利厚生のマッサージチェアだのをその金の中から捻出されなくちゃならんのよ?
それも「レクリエーション費を一般会計で賄い、グラブ代など個人的なものへの支出を中止した」のが・・・・先月だぁ?
バッカじゃねーの?
揃いも揃って空気を読めない能無しぞろいなんですねぇ。

今、毎日のように報道されているのは要は「国家的にお金がない」って事な訳でしょ?
今は道路財源が筆頭で物申されているが、別に道路財源だけが目の敵にされているのでもなんでもなくて、ただただひたすら政府はじめどこの自治体探してもお金が無いって言う事。
それならまずは役人が率先垂範してムダを削るのが普通だよ。
それもせずに露見してからおっとり刀で「はいやりました・・・」。
って言われても説得力の欠片もない。

「このように予算を削りに削っても国民の皆様の利便を図るための道路を作る金が足りません・・・よって何とか認めて頂けませんか?」って言うのならわかりますがねぇ。

どうせグローブだのマッサージチェアだのなんて、表に出てきたのは氷山の一角に決まってるわけですから、推して知るべし。
暫定もへったくれもない・・・廃止廃止。

どこかに政府行政のリセットボタンってないですかね。
もしあったら絶対いの一番に押します。
・・・子どもの頃、必死こいて押したバスの降車ボタンのようにね。
[PR]
by kazz1125 | 2008-02-08 11:13 | 時事


<< 手作り 春、未だ遠く・・・ >>