コンコース

昨夜の雪で少し濡れた
駅のコンコースを僕は急いでいた

不意に聞こえた
「お父さん、抱っこ!」の声に
思わず僕が言われたような気がして
足を止めた

振り返ると
幼い女の子が
ニコニコと父親に手を差し伸べている
父親は仕方がないなぁという
微妙な笑みを浮かべながらも
それでも今しかない
その幸せを享受するが如く
しっかりと娘の体重を受け止めていた

思わず知らず僕も笑みが零れたのだが
同時にこみ上げて来たのは
喩えようの無い寂寞感

僕が・・
僕が最後にあいつらを
「抱っこ」したのはいつだったんだろうな
あの頃あった
無心のささやかな幸せ

再び歩き始めた
ひどく冷え切ったコンコースは
少し霞んで見えた
[PR]
by kazz1125 | 2008-02-10 18:20 |


<< 牽強付会 予報 >>