ケツの穴

突拍子も無い唐突な質問で失礼しますが、自分自身のお尻の穴を見た事がありますか?
僕はありません・・・。
しかし橋下府知事には是非手鏡を持ってご覧頂きたい。

別に僕はそう云う趣味は持ち合わせておりませんが、それにしてもケツの穴が小さすぎだろう。

橋下知事またまたまたキレた!今度はフジテレビ

 大阪府の橋下徹知事(38)がまたまたキレた。17日、生出演したフジテレビ系政治討論番組「報道2001」で、橋下知事の教育政策の「机上の空論だった」発言をめぐり、黒岩祐治キャスター(53)とバトルに。感情的なやりとりがオンエアされた。「遅刻発言」をめぐるNHKとの確執や、コメンテーターの意見に過剰に反応するなど、このところキレっぷりが目立つ橋下氏。友人である放送プロデューサーのデーブ・スペクター氏も「今の知事はタイソン並み」と案じているが…。

 知事就任会見で「戦場のつもりで会見に臨みます。無意味な質問は論破していきます」と宣言していた橋下知事だが、メディアとのバトルが日常茶飯事になってきた。

 17日の「報道2001」で取り上げられたのは13日の定例会見での「教育政策は机上の空論でした」との知事の発言。これまでの考えが間違っていたということかと迫る黒岩キャスターに、橋下氏が猛反発した。

 報道が発言の一部だけで全体を紹介していないと愚痴った上で「僕は持論は曲げませんから。要は現場を見ずに持論を考えていたなあということです」と発言の真意を説明。ところが「机上の空論」の解釈をめぐって再び言い合いに。選挙戦マニフェストを持ち出した黒岩氏に、知事は「マニフェストってどういう定義なんですか?」とかみつくように逆質問。定義を説明する黒岩キャスターを「それが机上の空論です」と攻め立てた。

 人件費削減をめぐっても黒岩キャスターに「人を減らすって質問に答えてくださいよ!」「カッカしないでください」とぶつけられ「検討するって言ってるじゃないですか! カッカしてませんよ」と声高に反論を続けた。

                        中略

【橋下徹氏の主なキレキレメモ】


 ▼2006年5月 「オナニー新聞が!」(税務調査で申告漏れを指摘され、修正申告に応じたが、そのことを報じた産経新聞の記事内容に対して反発。自らのブログで同新聞を痛烈に罵倒〈ばとう〉した)

 ▼2008年2月8日 「僕は遅刻じゃない」(NHKの生番組出演中に、公務のためスタジオ入りが遅れたことを「30分の遅刻ですね」との女子アナの言葉で激高)

 ▼同9日 「一切、(NHKの)スタジオには行かない。お金が黙ってても入ってくる組織は、こういうものかと。民間の企業ではああいう態度はとれない」(前夜の対応に怒りが収まらずNHKのカメラもある前で絶縁宣言)

 ▼同10日 「僕は原則ゼロといっただけ。そこはメディアが勝手に報道した」(当選直後には府債発行を「原則認めない」とした点を早くも軌道修正し「約160億円の府債発行」を表明したことを報道陣から追及され仏頂面に)

 ▼同16日 「江川さん、僕の会見全部来てくださいよ!」(日テレ系「ウェークアップ!ぷらす」に生出演中、自らの図書館以外の府立施設は不要との発言を、ジャーナリストの江川紹子氏に追及され) 2月18日 スポーツ報知


人の上に立つって言う事がどういうことなのか良くお考え頂かないと・・・。
大将が一騎駆けの武者と変わらんのでは仕方が無い。

彼を見ていると府知事の器かいな?って疑問が沸々と湧いてきます。
今はまだ、自分の出身した有名大学だけを鼻に掛けてる、どこぞの企業の課長さんクラスが関の山だねぇ。
[PR]
by kazz1125 | 2008-02-18 10:53 | 時事


<< 愚か者 消費者不在 >>