「ほっ」と。キャンペーン

巣立ち

今日、長女が高校を卒業しました。
仕事の都合で式には出席しませんでしたが、せめてもと思い一時間ほど掛かる学校まで長女と家内を車で送って行きました。

中学時代バスケットボール漬けだった彼女は、当時都でベスト4の中学の中心選手。
自然、高校もバスケを主眼においての選択となりました。
その結果進んだ私立高校でしたが、先輩や同級生のレベルの高さに自分の限界を早々に感じてしまい夏休み前に挫折。
一時は不登校気味になってしまい、学校へ行ったはずが登校しておらず夜中の2時過ぎまで帰宅せず、連絡も付かずに警察に捜索願を出した事もありましたっけ・・・。

一時は生活も相当荒れ気味になりました。

それでも自分でこのままじゃいけないと思うところがあったのでしょう。
4年制の大学に進みたいと自ら発奮し、2年生からは選抜クラスへ編入。
予備校へも積極的に通い受験生として真面目に勉強しておりました。

「やっぱり受験しないで就職したい」と言い出したのは昨年11月の事でした。
親としては予備校や夏期講習などそれ相当にお金も掛かってもいますし、何を今更という感もあり、一時は冷戦状態にもなり、家の中がかなりギクシャクもしました。
しかし、彼女の歩く道は彼女が決めるべきなのは言うまでもありません。
もう親が手を引いてあげる必要は無い。

時期遅れの就職活動でしたが、アパレル関係で働きたいという意思で自らやっと見つけた小さな会社・・・。
もう明後日から新社会人です。
未成年ではありますが、大人への巣立ち。


この記事を書きながら、幼い日につかまり立ちして歩いていた長女の姿を思い出しています。
最後に手をつないで歩いたのはいつだったんだろう・・・そんな事をふと思っています。

明日から制服はいらなくなりました。
これからはそっと見守っている事にしましょう。

まだまだ苦労はするでしょう、いや・・・しなくちゃいけません。
がんばれ。
[PR]
by kazz1125 | 2008-03-01 23:50 | 雑感


<< 未来 天と地と >>