プロ意識

先日とある金曜日、わが社の2tトラックのフロントガラスにひびが入ってしまいました。
どうやら高速道路で飛び石を貰ってしまった様子。
現場の職人から電話で、昼は少しのひび割れだったのが、夕方には広がってしまったとの報告です。

これはもうガラス交換するしかありません・・・。

20年近い付き合いの自動車修理工場にガラスの交換の依頼をし、待つ事2日。
mmm月曜になっても音沙汰なし・・・。
翌火曜日はトラックで現場に搬入する予定がありましたので、こちらから様子伺いの電話をすると帰ってきた答えはこうでした。
「ガラス屋には連絡してあるんですが、何も言って来ていないんですよ。ウチでガラスを入れるんじゃないからわかんないんですよね。もう一回確認してみますね」

悪びれずに言った先方の言葉の瞬間に、ヒートアップ。
何故金曜日に依頼したのに月曜日の今、何も把握していないんだ?

第一僕はその自動車修理工場に依頼をしたのであって、ガラス屋云々に頼んだ訳ではありません。
あくまでもそちらサイドの問題。
そもそも業者の側から客側に納期を折り返し連絡して寄越すのが当たり前ではないだろうか・・・。
自動車修理のプロとしてこの対応はどうなんだろう?

僕も下請さんに仕事を依頼しています。
現場でトラブルがあることもままあります。
そんな時に「それは私共ではなく下請がやった事ですから・・・」って元請さんに言い訳するのと同じ事。
そんな無責任な言動を仕事上でお客様には絶対にしてはいけませんよね。

長い付き合いだっただけに、何だかがっかりしてしまいました・・・。

そう言えばこの前携帯を買い換えた時の事です。
僕の担当をした青年がつい口を滑らせて「僕短期のバイトでよくわからないんで・・・」って言いかけたので、僕はその言葉を遮りました。
「バイトだろうが正社員だろうが、僕はここのお店の人と話をしているんだよ。もし判らないことがあってもそう云う言い訳はしちゃだめだぜ。上司に聞いてまいりますとか、違う対応があるでしょう。実社会に出たらそんなの絶対に通用しないからね」。
サポートに回った先輩女子社員が申し訳なさそうに頭を下げてました。

何かこれもプロ意識が欠けてますよね。


どうも最近説教じみててジジイ化が進行しているようです。
しかし事はどうあれ、その仕事でお金を頂く以上は「プロ意識」を忘れてはなりません。

僕もこの勢いでプロのジジイを目指す事にします。
[PR]
by kazz1125 | 2008-03-25 19:04 | 雑感


<< ささやかなこの人生 22 消しゴム >>