つなぎ法案

<つなぎ法案>与党と民主など賛成多数で可決へ 衆院

 衆院は31日の本会議で、道路特定財源にかかわる項目を除いた租税特別措置を5月末まで延長する「つなぎ法案」を、与党と民主党などの賛成多数で可決する。午後の参院本会議で可決、成立する見通し。政府が提出した租税特別措置法改正案は成立のめどが立たず、道路関連以外の主な税の優遇措置の期限を延ばして国民生活への影響に歯止めをかけることにした。つなぎ法案の対象ではないガソリン税の暫定税率は31日で失効し、ガソリンにかかる税は4月1日以降1リットル当たり25.1円下がることになる。

 つなぎ法案は31日午前、衆院の財務金融、総務両委員会に委員長提案の形で出された後、本会議に緊急上程される。法案の対象は、土地売買にかかる登録免許税の軽減など税制の優遇措置。与野党は28日、衆参両院議長が国民生活への混乱をできるだけ避けるよう要請したことを受け、法案を31日に成立させることで合意していた。

 一方、道路特定財源を巡る与野党の対立により租特法改正案が31日までに成立しないことで、軽油も4月1日から1リットル当たり17.1円安くなるほか、自家用車の自動車取得税が3%(現行5%)に下がることになる。

 租特法改正案は参院で採決されない場合、憲法の規定で、参院送付から60日経過する4月29日以降、衆院で3分の2以上の賛成多数で再可決できる。政府・与党はこの規定に基づき、ガソリン税の暫定税率などを元に戻す構えだ。  3月31日 毎日新聞



国会は何やってんだかなぁ・・・。
急にこれらの法案の期限が切れる事になった訳でないのに、時間切れで「つなぎ法案」ですか・・・。
もちろん纏め切れない与党が一番だらしないのは言うまでもありません。
しかしながら野党側も色んな思惑絡みで単なる政争の具にしてしまって、国民不在になってるのは間違いのない所です。
生活するものの立場としては、ガソリン暫定税率が失効してガソリンが値下がりするのは大いに喜ばしい事。
しかし国家税収が減って国民生活に大いに影響するのもまた困りますしねぇ。
正直どの程度私たちの生活に影響が及ぶのかも良く判らないし・・・。

どうなっちゃってるんでしょうねぇ、我が国日本。
日銀総裁は不在だわ、何だか滅茶苦茶もいいところです。
まぁ、日銀総裁がいなくても、結局世の中に影響が無いって言うのも良く判りましたけどね。

「つなぎ法案」。
正式名称を「国民生活等の混乱を回避し、予算の円滑な執行等に資するための租税特別措置法の一部を改正する法律案」と言うそうです。

まぁ確かに混乱はしてます。
ガソリンの入れ控えとか、何処が安くなるのかとかね・・・。
しかしながらそれは生活を守るための混乱です。
大した事ではない気もします。きっと直に落ち着く事でしょう。

だけどねぇ。
自分たち(国会議員)の混乱振りを棚に上げてのこの名称。
冗談じゃないぜって正直思います。
混乱してるのは国民じゃなくてあなたたちじゃない。
かつての小渕内閣の時の恒久減税はたったの8年で廃止しちゃったのに、暫定の税率を守るのには一所懸命。暫定と恒久がまるで反対だもの・・・。

挙句の果ては小沢さんものらりくらりと総理との対話拒否でしょ。
文字通り話にもなりません。そんなのシャレにもならない。

もっとしっかりとした根が生えた政治が出来る人はいないのでしょうか。
それと大人し過ぎますね。
私たち一般大衆が・・・。

大声張り上げてもいい頃かもしれませんねぇ。
[PR]
by kazz1125 | 2008-03-31 12:48 | 時事


<< 庶民でセレブ 始まりはいつもじゃないけど雨 >>