勘違い

<日銀短観>悪材料続々「日本経済は土俵際」の見方も

 日銀が1日発表した3月の企業短期経済観測調査(短観)は景気拡大の原動力だった大企業・製造業の業況判断指数(DI)が4年3カ月ぶりの水準に落ち込み、企業の景況感が冷え込んでいることを浮き彫りにした。背景には、金融危機の様相をみせる米国の景気後退懸念が高まっていることや、急激な円高・ドル安、株安、原油高など年明け以降の急速な経営環境の悪化がある。企業は今後、設備投資の抑制や先送りの動きを強める可能性があり、「日本経済は景気後退の土俵際に追い込まれた」との見方が広がっている。  4月1日 毎日新聞


・・・我々末端には好景気なんて全然関係無かったんですけどねぇ。
ず~っと景気悪いまんまなんですけど。
日本経済は土俵際」なんて書かれても土俵下でもがいてる私たちには全然ピンときません。
景気が良かったなんて一部だけの話で国民の大多数は現実と不安の狭間でアップアップしてるんですけどね。勘違いも甚だしい。

第一さぁ、どーでもいいけど日銀総裁決めてからそんなの発表したらどうだろ・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2008-04-02 10:37 | 時事


<< コピーロボット 庶民でセレブ >>