深夜帰りのお役人様

タクシー代500万円の国交省職員 残業1・3時間で深夜帰り?

 国土交通省関東地方整備局道路部の職員が平成19年度に深夜帰宅用タクシー券を出勤日のほぼ毎日に当たる計190回、総額500万円分も使っていた問題で、この職員の1回のタクシー代の最高金額が4万円に上るほか、1日の平均残業時間が2時間未満だったことが分かった。国交省が民主党の大久保勉参院議員に説明した。タクシー代の原資となっている道路特定財源について大久保議員は「管理がずさんだ」として参院で追及する方針。

 国交省などの説明によると、問題の職員の残業時間は19年4月から今年2月までの11カ月間で295時間。同期間の勤務日数225日で計算すると、1日当たりの残業は1・3時間になる。

 深夜帰宅用タクシー券は、残業で帰宅が遅くなり、通常の交通機関がなくなった場合に交付される。同整備局の終業時間は午後6時であるため、1・3時間の残業なら電車などで帰宅できるにもかかわらず、タクシー帰りをしていたことになる。

 同整備局によると、国交省が今回示した残業時間は超過勤務命令があった時間だけで、「実際には、自分の意思で連日午前2、3時まで残業していた。退庁記録も残っている」と説明。

 問題の職員は、国会の資料作成を担当しているため残業が続き、同整備局のあるさいたま市から神奈川県に近い都下にある自宅まで、2万6000円前後のタクシー代がかかったという。

 これに対し、大久保議員は「1000時間を超える残業をつけている職員もいるのに、問題の職員だけ295時間というのは不自然だ」と指摘。この職員が1回で使ったタクシー代の最高額が4万円と、2万6000円を大きく上回っていることも判明したため、当該職員のタクシー券の使用状況や勤務実態の詳細を明らかにするよう求める。

 一方、国交省の峰久幸義事務次官は7日の記者会見で「不正はなかったが、ほぼ連日の使用は公費の効率的使用や健康管理の面で問題」と話し、勤務管理などを改善する考えを示した。 4月8日  産経新聞


今度は深夜帰りのお役人様ですか。
それも年間190日、ほぼ毎日のタクシー帰りだそうで・・・。
うらやましい御身分です。
とってもあっしら下々にはついていけやしませんやねぇ。

・・・ってぶぁっか野郎!ふざけんな!!(怒)
管理が杜撰とかのレベルじゃなくて、これじゃぁ横領だよ。
退庁記録が残ってたって、そんなもん残業していたとは限らねーじゃねーか・・・。
マッサージ機だって何だってある恵まれた職場みたいだからねぇ。
それともどこかの小部屋でマージャンでもしてたんじゃねーの??
・・・って疑いたくもなるぜ。

よしんば本当にタクシーしかない時間まで連日連夜自分の意思で残業してたというのなら、その職場の体制自体がそもそも効率的ではない。
そんな時間まで連日残業したとしても効率良く仕事が出来るはずがないしねぇ。
せめて電車で帰宅できる時間内で終わらせて、翌日に繋げる・・・それが普通だ。
第一そんなの続けてたら普通に考えたって身体持たないぜ。
覚醒剤でも打ってたのなら当座は大丈夫だろうけどね・・・。
まさかそれも公費で・・・??

あぁぁあ。ムダムダムダムダ。

不正なんて無いのが当たり前。
しかし胡散臭さは否めないよねぇ。
どっちにしても不正があろうがなかろーが、こういうお役所の実態全部ひっくるめて公費の無駄遣いって言うの。
それを削らないで暫定税率がどーのこーのって・・・国民が今、一番気に入らないのはそこなんだよ!ドあほう。
[PR]
by kazz1125 | 2008-04-08 18:27 | 時事


<< 草津良いと~こ、一度はお出で~ エール >>