万死を以って償う事

大方の予想通りの死刑判決でした・・・。

<光母子殺害>元少年に死刑判決 裁判長は新供述「不自然不合理」、情状「斟酌する理由みじんもない」

 山口県光市で99年4月、母子を殺害したとして殺人と強姦(ごうかん)致死罪などに問われた当時18歳の元少年(27)に対する差し戻し控訴審の判決公判が22日午前、広島高裁であった。楢崎康英裁判長は「強姦の目的や計画性も否定できない」として、求刑通り死刑を言い渡した。元少年が差し戻し審になって新供述を展開したことを「不自然不合理」とし、弁護側が主張した情状面について「斟酌(しんしゃく)する理由はみじんもない」と述べた。

 最高裁は06年6月、高裁が認めた情状酌量理由を「死刑を回避するには不十分」として1、2審の無期懲役判決を破棄し、高裁に差し戻した。

 判決によると、元少年は99年4月14日、光市のアパートに住む会社員、本村洋さん(32)方に排水管検査を装って上がり込み、妻の弥生さん(当時23歳)を強姦目的で襲い、抵抗されたため手で首を絞めて殺害。泣き続ける長女夕夏ちゃん(同11カ月)を床にたたきつけた上、首にひもを巻き付けて絞殺した。

 元少年は差し戻し審の公判で、弥生さん殺害について「甘えたい気持ちで抱きつき、反撃され押さえつけたら動かなくなった」とし、夕夏ちゃんについて「泣きやまないので抱いてあやしていたら落とした。首を絞めた認識はない」と述べた。

 供述を変えた理由については、「自白調書は警察や検察に押し付けられ、1、2審は弁護人が無期懲役が妥当と判断して争ってくれなかった」とした。

 判決は「弁護人から捜査段階の調書を差し入れられ、『初めて真実と異なることが記載されているのに気づいた』とするが、ありえない」と、元少年の主張を退けた。

 また、弥生さんの殺害方法について元少年が「押し倒して逆手で首を押さえているうちに亡くなった」としたのに対しても、「不自然な体勢で圧迫死させるのは困難と考えられ、右手で首を押さえていたことを『(元少年が)感触さえ覚えていない』というのは不自然。到底信用できない」とした。夕夏ちゃん殺害についても、「供述は信用できない」と否定した。

 また、元少年が強姦行為について「弥生さんを生き返らせるため」としたことについて、「(荒唐無稽こうとうむけい)な発想であり、死体を前にしてこのようなことを思いつくとは疑わしい」と退けた。

 判決は、「身勝手かつ、自己中心的で、(被害者の)人格を無視した卑劣な犯行」と断じた。

 1、2審は殺害の計画性の無さや更生可能性を重視して無期懲役を選択。最高裁は強姦目的や殺害方法などの事実認定を「揺るぎない」と判断し、情状面からも「量刑は不当で、著しく正義に反する」として審理を差し戻した。

 事件当時、元少年は18歳30日。少年法は18歳未満の被告に死刑を科すことを禁じている。2審の無期懲役判決を差し戻した死刑求刑事件は戦後3例目だが、他の2件は死刑が確定している。 4月22日  毎日新聞


加害者を憎む余りに世論は「死刑」已む無し・・・という風潮が強かったように思います。
感情的な世論に判決が左右される事はあってはならないのでしょうが、最高裁による差し戻し指示の時点でこの結果は既にあらかた見得ていたような気がします。

それにしても今回の差し戻し審に至ってからの弁護団の訳のわからない弁護・・・。
それに乗ってしまった被告の態度。
これが返って司法側の心証を害したのは間違いありません。
弁護のあり様というものももっと考えられるべきだと思います。
牽強付会でも何でも良いから、少しでも罪の軽減を目指すというのは、今回特に違和感を感じました。

9年という長い歳月を戦い抜いた本村さんの姿。
見る度に透明感を増しているように感じます。
その戦いの結果、彼が得られたものは果たして何だったのでしょう?
どんなに戦い抜いたところで満足感が決して得られる事は無い戦いだったはず。
虚しい思いを抱えての・・でもやらなくてはならない闘いだったんだろうな・・・。

この判決を受けて、死刑制度の是非が再び世間では喧しくなっています。
侃々諤々意見はあるでしょう。
しかしながら現行の司法制度の中で許された最も重い量刑。
個々の刑事事件に一々当て嵌めるべきではなく、論じるのであれば純然たる制度の見直しとして論じるべきでしょう。

本村さんはこのようなニュアンスの事を仰られていました。
「死刑制度を否とする方も死刑容認される方も、いずれも犯罪を少しでもなくしたいという思いには変わらないはず・・・」。

何より9年間の長きに渡り、犯罪被害者としてその事実に向き合われてきた方の言葉の重さには、傍観者の立場での余りにも無責任な議論など薄っぺらな物でしかありません。

万死を以って償う・・・。
世の中には確かにそんな罪はあります。
[PR]
by kazz1125 | 2008-04-22 23:49 | 時事


<< 地獄の軍団 報復発言 >>