「ほっ」と。キャンペーン

飽和

今月の10日の「大規模」と言う記事。
杞憂では終わらず、現実の問題として周辺の私たちに多大なる悪影響を及ぼしています。

<アウトレット>埼玉・入間に開店で大渋滞 周囲の店は悲鳴

 埼玉県入間市にオープンしたばかりの国内最大級のアウトレットモール「三井アウトレットパーク入間」周辺が激しい渋滞に悩まされている。ゴールデンウイーク(GW)を迎え、県警や施設を運営する三井不動産は対策に躍起だが、周囲の店は「常連客が遠のき、売り上げが減った」と悲鳴をあげ、緊急車両の通行に支障が出かねない状況が続く。

 モールは4月10日に開店、東京ドーム二つ分の約8万9000平方メートルに204店が並ぶ。開店後初の日曜だった13日は約1万台が来店。モール前の国道16号から、約500メートル離れた圏央道入間インターチェンジ(IC)を経て本線内まで約3.5キロ、16号だけでも約5.5キロの渋滞が発生し、待ち時間は2時間を超えた。

 近くの店は「渋滞を嫌って常連客が来なくなった」と渋い顔。渋滞にしびれを切らせた客の無断駐車も目立つという。

 「平日で5000台、土日は1万台。GWはこれ以上が予想される。大丈夫なのか」と県警、三井不動産の担当者や圏央道を管理するNEXCO東日本は25日に対策会議を開いた。県警は26日からヘリコプターを出動させ、交通情報ラジオや圏央道の電光掲示板に渋滞情報を送り、ドライバーに隣接ICへの迂回(うかい)を促している。

 三井不動産は臨時の駐車場を確保。元々あった約3200台分に加え、従業員用駐車場約200台分を開放、付近の工業団地からも約600台分を借りた。最寄りの西武池袋線武蔵藤沢駅などとのシャトルバスも1日2台から9台に増発した。

 GW4日目の29日は約1万台が集まり、渋滞は国道16号で最長約2.5キロだった。施設の担当者は「後半の4連休はもっと客が増える。周辺に迷惑がかからないように対応したい」と話している。4月30日  毎日新聞


私の職場はこのアウトレットから自転車で10分ほどの場所にあります。
僕がよくお昼ごはんを食べる定食屋の若旦那に聞いたところ、売り上げが平均で3割減くらい減ったとの事です。
よく行くコンビニの店長曰く土日の昼間はトイレ借りばかり増えて、売り上げはさっぱりとの事。
周辺道路はこの記事の通りの大渋滞。
今までは長距離トラックの通り道だった事もあったりして、そう云う常連さんたちで支えられていたこれらのお店。
アウトレット渋滞を嫌って、トラックドライバーたちは寄り付かなくなりました。
国道16号のみならず、裏の生活道路にまで渋滞を避ける「よそものナンバー」の車が流れ込み、今までではありえない所で渋滞・・・。
アウトレット周辺に駐車場を増やすのも必要でしょうが、もっと外郭に臨時駐車場を設けてシャトルバスなどでピストンするとかの分散させる措置を取らないともう飽和状態もいいところです。

近々その渋滞ぶりでもお目に掛けましょう。
ちなみに昨日は駐車場待ち180分の看板が立ってましたが、これだって信憑性はどの程度何だか・・・。
もちろん自転車で写真撮りに行きますけどね。
[PR]
by kazz1125 | 2008-04-30 17:31 | 雑感


<< パンダが街にやってくる? 「死ね」という命令形 >>