俺たちに明日はない

<築地市場移転>予定地から基準の4万3千倍のベンゼン

 東京都中央卸売市場築地市場(中央区)の移転が計画されている豊洲新市場建設予定地(江東区)で、土壌の一部から環境基準の4万3000倍に上るベンゼンが検出されたことが都の調査で分かった。都は当初計画より1年遅れの13年の移転を目指しているが、汚染対策の大幅見直しは必至で、移転時期がさらにずれ込む可能性も出てきた。

 移転予定地は東京ガスの工場跡地。都は、予定地全域を10メートル四方ごとに約4200カ所に区分して詳細な調査を実施し、うち1カ所で極端に高濃度のベンゼンが検出された。工場で使用していたコールタールが染み込んだ部分とみられる。地下水の一部からも、環境基準の1万倍相当のベンゼンが見つかった。

 昨夏の調査で、地下水から環境基準の1000倍のベンゼンが確認されたことから、都が15億円をかけて調査していた。

 都は、建物建設地を除く予定地全域で地下2メートルまでの土壌を入れ替え、さらに2.5メートルの盛り土をするなど、約670億円を費やして汚染対策を進める方針を打ち出している。だが今回の結果を受けた追加対策で、対策費の大幅増は避けられない見通しだ。5月4日 毎日新聞


食の安全が頓に取りざたされる事の多い昨今。
よしんばこのまま市場が移転されるような事があったとすれば、もう何でもありということになってしまいます。
それならポストーハーベスト農薬まみれのアメリカ産の農産物でも、米国産牛肉の危険部位でも、中国製ギョーザでも何でもがんがん摂取しても変わりません。

もっと良く移転先の検討は出来なかったのでしょうか・・・。
う~ん悪い事は言わないから今からでもいいから辞めたら?
十分な対策も取られないままそんな所で生鮮食品扱われたらたまんないよ・・・。

なぁんでこんなニュースばっかリなんだろ。

何でもいいけど、日本に日々起きている出来事一つ一つに明日が見えてこないんだよなぁ。
[PR]
by kazz1125 | 2008-05-04 21:58 | 時事


<< あなたは・・・いかが? コートの薫風 >>