あなたは・・・いかが?

「自分が最高だったのは28歳」 カゴメのミセス調査で

 「自分が最も魅力的だったのは28歳」「今はそのころに比べて魅力半減…」-。精神面やファッションの若さには自信があるが、健康面は不安-。大手食品会社「カゴメ」の意識調査でこんな現代ミセス像が浮き彫りになった。

 昨年12月のネット上で調査し全国の既婚女性(25~59歳)2163人(うち専業主婦が6割)から回答を得た。

 それによると、自分が女性としてもっとも魅力的である(だった)年齢は28・2歳。世代別では20代が23・6歳▽30代が25・6歳▽40代が28・8歳▽50代が32・7歳。また、その年齢時に対する現在の自分の魅力度は全体で55・5%。最も高い20代でも59・3%。どの世代も「今の自分の魅力は全盛期より半分近くになっている」と自らに“辛口評価”を与えている。

 若々しさに自信のあるところは、前向きな気持ち(73・3%)を筆頭に、ファッション、情報感度、チャレンジ精神の順。逆に目、耳、歯、胃腸など体の機能に対して自信のある人は約2割、肌や体力を挙げた人も5割ほどにとどまった。

 若々しいと思う有名人については、男性が郷ひろみ、福山雅治、加山雄三、女性は黒木瞳、森光子、吉永小百合が「元気」と上位に並んだ。 5月1日  産経新聞


う~ん・・・女性の心理を垣間見る事が出来るような調査結果ですね。
男性の調査結果があるのなら、さらに面白い対比が出来た事でしょう。

でもね。
確かに年齢と共に老いは付きまとってくるのは仕方がありませんが、それは無い物ねだりに過ぎません。

芸能人との比較をしてしまうとさすがに辛い。
だって彼らは自分自身が商品ですから。
メンテナンスの仕方や、もちろんそれに対するお金の掛かり方も全然違います・・・。
もうそれは致し方がないことです。

いいじゃないですか。
「自分が最高なのは今!」
今が最高と言い切れればそれはとても幸せなことです。
言い切れるように頑張りましょうよ。

20代の体型に戻れるものなら戻りたい、ワタシが言うのも何なんですがね・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2008-05-04 23:19 | 雑感


<< 腐ったミカンの歌 俺たちに明日はない >>