走り屋

原付の免許を取ったのが17歳。
その頃買ったバイクで、あちこち走り回りました。
高校の仲間とあちこちツーリングにも出かけましたね。
仲間たちは400ccや250ccのバイク。
付いてゆくのが精一杯だったけど、無茶苦茶楽しかった。

その頃練習と称して年中走っていた地元のワインディングロード。
上手くなりたくて必死に走り込んだもんです。
この道でだけは、マジで誰にも負けたくなかった。
ここを走る時は高校の仲間も僕に先頭を譲ってくれました。

そして車の免許を取ったと同時に原付は卒業。
しかし車に変わっても、この道だけは相も変わらず走り続けました。

道路の継ぎ目。
マンホール。
油のシミ。
すれ違いがやっとのブラインドコーナー。
不自然で未だに馴染めないセンターライン。
一、二度貼り付いた事のあるガードレール。

いつしかこの道自体が五感全てで捉えられている感じになったような気がします。





この道の一部が僕の今の通勤ルートにも当たっています。
昨日の夜、久し振りに全部を流してみました。

比較的ゆっくり流していたら、後ろから一台速いのが追いついてきました。
あの頃の僕みたいな「」かもしれません。
そ奴め、しばらく僕の後ろにピッタリ張り付いていたので、僕も段々イラッと・・・。
とあるコーナーからしばらくぶりに本気でアクセル踏んじゃいました。

コーナー3つでいなくなりました。
ふっ・・・勝ったぜ。
ここでなら・・・そんじょそこらの走り屋のお兄ちゃんにはまだまだ負けない。




・・・・・・・・・っていい年こいて何言ってんだかな、オレ。おとな気無いのも甚だしいですね(恥)
「いい年こいた負けず嫌いの走り屋」なんて流行らねぇよなぁ。
安全運転を心がけましょう。
[PR]
by kazz1125 | 2008-05-13 19:54 | 世間話


<< 振幅 好きな音 >>