「ほっ」と。キャンペーン

祝・誕生

昨年7月に結婚した我が社の職人さんのところに、待望の赤ちゃんが生まれました。
そーです。7/7に主賓の挨拶をさせられた例の彼です。
と言う事はハネムーンベイビーですね(・・・ってそこのあなた、指折り数えんでよろしい)。


昨日の朝5時頃、私のところに電話が掛かってきまして、陣痛が始まったとの事。
もちろん彼も臨時のお休みにしましたが、それからが長かった・・・。
今日の午後3時過ぎになってもまだ赤ちゃんは出てきません。
ドクターは母子共にこれ以上は限界と判断し、結局帝王切開での出産となりました。
2700gの女の子だそうです。

丸々二日奥さんに付き添った彼。
奥さんが大変だったのは言うまでもありませんが、ずーっと寝ずに付き添い通した彼もご苦労様。

でも明日は仕事。
21:00頃、会社に明日の準備と車を取りに戻ってきた彼と交わした硬い握手。
父親になったんだもの、ミルク代稼がなくちゃな。
今まで以上に頑張れよ!父ちゃん!!おめでと。

私の父にも電話で誕生の報告をしました。
私:「女の子だったってよ・・・」
我が父:「おう、そうか。よかったな。一姫二太郎三なすびって言うからな・・・」

馬鹿オヤジ・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2008-05-16 23:27 | 雑感


<< 小さな手 旅の心 >>