みんなの疑問

橋下知事「なんで国家公務員の給料が減らないのか、まったくわからない」

 午前10時 テレビ朝日系「サンデープロジェクト」に生中継で出演。先日発表した大阪維新プログラム案に対する「何がやりたいかが見えない」とのコメンテーターの指摘に、「よく夢がないと言われるが、まずは出血を止めるための対処が必要だ」と反論。

 午後1時 大阪市内のホテルで開かれた、大阪選出の自民国会議員への要望を行う会合に出席。「今の国の仕組みでは、とてもじゃないが自治体運営はできない」「府は職員の給料や出資法人を減らそうとしているのに、何で国家公務員の給料や国の公益法人が減らないのかまったくわからない」と熱弁。 6月9日  産経新聞


大阪の財政再建を掲げ、激しく抵抗勢力と戦っている橋下府知事。
性急かつその有無を言わさぬ手法には、かなりの批判・・・と言うより非難に近いものすらあるようです。
しかしながら彼のビジョンでは一気呵成に手を付けないと大阪を変える事が出来ないと言う判断なのでしょう。
確かに彼ほどの大鉈を振るい上げたら最後、一気に振るい降ろさなくてはならないのかもしれませんね。
いずれにしても、国を初め金が余ってる自治体なんてありませんので、その財政再建策は日本中の注目する所。
「急いては事を仕損じる」と言うこともありますが、彼のお手並みに期待したいものです。

・・・それにしても、彼の素朴な疑問はごもっとも。

「府は職員の給料や出資法人を減らそうとしているのに、何で国家公務員の給料や国の公益法人が減らないのかまったくわからない」は大多数の我々国民みんなの疑問でもあります。
[PR]
by kazz1125 | 2008-06-09 17:52 | 時事


<< 束の間 お忍び >>