裁き

「慎重にも慎重な検討を加えた」死刑執行に鳩山法相

 鳩山法相は17日午前11時から、法務省19階で記者会見し、「慎重にも慎重な検討を加え、数日前に私が死刑執行の命令を下した」と、緊張した表情で述べた。

 宮崎死刑囚の弁護人は、再度の精神鑑定と刑の執行停止を求める書面を法務省に提出していたが、鳩山法相は「再審が必要だという具体的な理由が主張されているわけでもなく、裁判でも完全な責任能力が認められている。慎重に調べて執行した」と説明した。

 2か月間隔の執行については「特に時期を選んでいるわけではない。正義の実現のために粛々と執行している」と強調。宮崎死刑囚らを執行した理由を問われると「妙な言い方だが、自信と責任を持って執行できるという人を選んだ」と答えた。 6月17日 読売新聞


もうあの事件から20年近くも経つんですね・・・。
最初の入間市の幼女失踪当時、その近辺の現場で仕事をしていた僕は、仕事帰りに2度ほど検問で車を停められたのを思い出します。
逮捕後の現場検証での宮崎勤の能面のような顔は、何か別世界の人のような違和感を未だに拭い切れません。

人が人を裁くことの難しさは想像に難くありませんが、それにしてもこの人は「死刑」以外に何も無いという感じを持っているのは私だけでしょうかね。
最近特に、この手の凶悪な犯罪が在ると弁護側はすぐさま責任能力云々を持ち出し、精神鑑定だの心神喪失状態だのと騒ぎますが、それが何なんでしょう。
それだから人を殺めても仕方がないと言う事なのでしょうか?

先日の秋葉原の凄惨な事件の後で、このタイミングの死刑執行についてテレビ局各社はあぁでもないこうでもないと騒いでいます。
鳩山法相になってから死刑執行が多すぎると言うような、批判的なニュアンスでの報道もまた多い気がします。
しかしながら死刑は判決確定後6ヶ月以内に法務大臣の命により執行されるはずであるのに、漫然と執行されずにいる死刑囚のいかに多い事か・・・。
確かに死刑制度、終身刑の制定、また長すぎる裁判制度についてももっと検討されて然るべきかと考えます。
いずれにしてもただ単なる懲罰ではなく、犯罪を抑止する為にも大きな意味合いを持つべき事だけによ~く考えて頂きたいと思いますね。

何だか、ホントにいやな世の中だなぁ。
[PR]
by kazz1125 | 2008-06-17 19:33 | 時事


<< フランチェン福田 え゛? >>