フランチェン福田

この人の思考回路がわからない・・・。
首相、消費税上げ示唆 社会保障財源「決断の時期」

 福田康夫首相は17日、都内で主要8カ国(G8)の通信社のインタビューに応じ、消費税率について「日本は世界有数の高齢化社会だが5%だ。だからこれだけ財政赤字を背負っているとも言える。決断しなければいけない大事な時期だ」と述べ、社会保障費の財源などとして税率引き上げは不可避との認識を示した。

 時期や引き上げ幅は明言しなかったが、「国民世論がどう反応するか一生懸命考えている。議論はずいぶんやってきたが政治決断できなかった」と述べた。年末の平成21年度税制改正で議論されるが、世論の動向を見極めながら決断したい考えをにじませた。

 北朝鮮が日朝公式実務者協議で表明した日本人拉致問題の再調査については「時間がかかるなら約束したことにはならない。時間的な制約は常識的範囲である」と述べ、早期に実現させる考えを強調した。同時に「北朝鮮の対応によっては制裁を解除することがあり得る。何でも解除すると言っているわけではない」とも述べた。

 首相はまた、自衛隊の海外派遣を随時可能にする「恒久法」に関し「(与党内の)意見がまだ集約されていないので法律の作成段階に至っていないというのが現実だ」とし、早期の制定は困難との見方を示した上で「多少(成立に)時間がかかっても個別法で対応する」と述べた。8月下旬にも召集される次期臨時国会で焦点となるインド洋上での海上自衛隊の補給活動も、新テロ対策特別措置法(期限来年1月15日)の延長など個別法で対応する方針を示したものだ。

 衆院解散・総選挙については、社会保障制度改革や道路特定財源の一般財源化、「消費者庁」などの取り組みが急務だとして「解散する暇はない」と強調した。6月18日 産経新聞


国に金が無いのはわかったって。
じゃぁ何で無いの?
収入が増えないのに無駄遣いし放題だからでしょ。
だったら無駄遣い減らすことから始めなよ。
最初にやらなくちゃいけないことに手も付けないで、消費税を増やすだなんて誰も納得しないぜ。

第一立法府の半分(参議院)はあんたの事認めてないんだよ。
普通の感覚なら「信を問う」となるところなんだが、それもしないで「解散する暇は無い」・・・。
なぁに言ってんだか。
それに御執心の「消費者庁」なんてあったって大して役に立ちそうも無いがねぇ。
それだったら「公務員監督庁」でも作ってくれたほうが、よっぽど国民の賛同を得られると思うけどいかが。

困ったもんだねぇ。
どうしちゃったんだろ、この人。壊れちゃってるな。

思考停止・・・パニッパニッ、パニッパニッ、パニパニパニ~ック。
あれと大して変わらん。
・・・全然面白くないところも。
[PR]
by kazz1125 | 2008-06-18 20:28 | 時事


<< 歌舞伎町 裁き >>