スーパー

スーパーマーケットが好きです。
一人でちょくちょく寄ります。
とは言っても僕が行くのは昼間の奥様方で混み合ってる時間帯ではなく、仕事帰りの寄り道。
僕の帰宅時間帯のスーパーは店内も閑散としていて、どちらかというと翌日に備えての商品の品出し、陳列のほうに重きを置かれているように思います。
そんな昼間とは違う、通路にカートがどんと置かれたままのスーパーの雑然とした空気感が何となく好きだったりします。

そしてこの時間帯ならではの特典は、デイリー商品の半額シール!
PM8:30頃、おもむろに半額シールを手にした店員さんが現れると、俄然店内は活気付いて参ります。
お弁当、お惣菜、お刺身などにシールが次々と貼られ行く様は恍惚感すら感じます。
商品には何の落ち度もないのに、つい先ほどまで定価だった物がいきなりのダンピング。
カフカの「変身」を初めて読んだ時のような居心地の悪さ・・・などとそんな悠長なことを言ってる場合ではありません。
気の利いた商品はあっという間に他の方のカゴの中に納まってしまいます。

たったワンパックしか残っていないヒレカツに火花を散らすなんていうのもこの時間ならではのことです。

・・・・庶民であることをつくづく感じることができる、スーパーのこの時間が好きです。
[PR]
by kazz1125 | 2008-06-26 09:02 | 世間話


<< ひとりごと ぼやき >>