おひな様

毎年この時期になると、我が家の小さな出窓はおひな様の陳列棚と化します。

手狭なマンション住まいですので、残念ながら家紋入りの7段飾りではありません。
僕の母から頂いた手造りの木目込み人形、お内裏様とお雛様のつつましやかな一組です。
f0056698_7403915.jpg
それと必ず一緒に並べられるのが・・・
2人の娘がそれぞれ幼稚園の年中組の時に作ったおひな様。
ヨーグルトやヤクルトの空容器に色とりどりの折り紙を巻いて作った、二組の小さなおひな様たち。

もう、それぞれが10年以上の歳月を経てきていますので、糊が取れてはがれかけてきたり、首が曲がってしまったりと傷みが目立つようになってきました。
お世辞にも上手とはいえません。
それでも娘たちは幼稚園の先生の言われるまま、真直ぐな心で一所懸命作ったんでしょう。
両親に「上手に出来たね」って言われたくて、ほめて貰いたくて一所懸命作ったんでしょう

僕はその時、ちゃんとほめてあげることが出来たのかな・・・。


毎年このおひな様たちを見ていると、今よりもずっと若かったその頃を思い出します。
様々な思いが去来します。
そして何故だかわからないけど、ちょっぴり悲しい気持ちになります。

今年も3月3日が過ぎたら、大切にしまいましょう。色々な思いと共に・・・
[PR]
by kazz1125 | 2006-02-21 23:40 |


<< 足音 感謝の心 >>