夏の終わりを告げる風

埼玉県・川越市 収穫間近の見渡す限りの田園風景f0056698_23182317.jpgf0056698_23185838.jpg


f0056698_23194183.jpg

 じりじりと照りつける陽射しは夏のそれとさして変わらないのだけど、見上げたいつになく高い空の雲と、稲穂の頭をさぁっと撫でて行く風は、確かに秋の訪れを告げていた。

「実りの秋」と言う言葉が思い出されると同時に、大地に生かされている自分たちというものが何となく身を持って感じられたような気がします・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2008-09-08 23:25 | 風景


<< 一寸の変態にも五分の魂 土俵際 >>