群雄割拠?

自民総裁選、5氏の争いが確実に

 自民党総裁選(10日告示、22日投開票)で、石原伸晃・元政調会長(51)は9日夕、党本部で記者会見し、立候補を正式に表明する。

 若手グループでは、山本一太参院議員が出馬を断念したのに続き、棚橋泰文・元科学技術相も立候補に必要な国会議員20人の推薦人集めが難航している。総裁選は、石原氏と麻生太郎幹事長(67)、与謝野馨経済財政相(70)、小池百合子・元防衛相(56)、石破茂・前防衛相(51)の5人で争われることが確実となった。

 石原氏は9日午前、党本部での会合で講演し、「現時点では、消費税率を引き上げるべきではない。(税制改正は)時間軸を示すことが必要だ」と述べた。また、コメの作付面積を制限する生産調整(減反)を見直す考えを示した。 9月9日 読売新聞



結局総裁選出馬5人ですか。
群雄割拠と言えば聞こえはいいのですが、とてもそこまでは・・・。
我が国最高レベルの職場放棄をされた安倍・福田両氏の跡目相続だから、火中の栗を拾う覚悟が無い方はよもや一人もいらっしゃらないとは思いますが、果たしてどうなる事でしょう・・・。

それにしても今回出馬断念をした山本一太氏、棚橋泰文氏。
20人の推薦人集めに苦労している時点でそもそも資格が無いって事ですかね。
特に山本氏は何だか上っ調子でどうも信用し難いんだよなぁ。

つい2年前は「安倍先生のためなら命もいらない・・・」とばかりの寄り添いよう。
福田政権になってからは「福田総理のために身を粉にして・・・」との忠誠ぶり。
自分の政策理念をも後回しにし、所属する町村派のために奔走する派閥政治の王道を邁進するその姿は、メディアへの露出の多さも相まってか、どうも最近鼻に付きます。

あとさぁ・・・小池さんはどーなんでしょ?
ついこの前までは小沢一郎氏の横にピッタリくっついていた人ですもんねぇ。
それは裏返せば一貫したポリシーを持たない証だとおもうのですが、そんな方はちょっとご遠慮願いたいモンですね。


現時点ではどうですか。
古い世代ですが、やはり爺さん婆さんのみならずオタクの人望までをも一身に纏った麻生氏が大幅リードしてるのは間違いありませんね。
一見すればどちらかというと悪人タイプ(声なんか正に悪人!)ですが、善い人そうに見えた安倍氏・福田氏も全然大した事無かったからいいかもしれません(この際はそう云う物差しを宛がっちゃダメだろう・・・)。

政治家が真剣に世を憂えるのはもちろん必要。
ただし言行一致するのはもちろんのこと、きちんとした人望を身に付けた上で立ち上がってもらいたいもんです。
とにかく今回ばかりは派閥の争いではなく、きちんと政策論争をしてそして実行力を備えた方を選んで下さいよね。

マジでやんねーとかなり日本やばいからさ・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2008-09-09 16:58 | 時事


<< ぶら下がり拒否 一寸の変態にも五分の魂 >>