ずれてる

<NHK>下着盗んで懲戒免の元職員、関連団体に再雇用

 国立代々木競技場の女子更衣室から女性下着を盗んだ容疑で逮捕され、00年5月に懲戒免職になった現在50代のNHKマルチメディア局の元副部長が、NHKの関連団体「総合ビジョン」に再雇用されていたことがわかった。懲戒処分を受けた元職員の再雇用が判明したのは6人目だが、懲戒免職のケースは初。

 これまでの元職員5人は、停職などの懲戒処分を受け依願退職したり定年を迎えた後、NHK本体や関連団体に再雇用されていた。これに対しNHKは、懲戒処分歴のある職員の再雇用の可否を検討する「再雇用検討委員会」を設置するとともに、懲戒免職職員は再雇用しない方針を8月に決めたばかり。NHK広報局は「再雇用は把握していなかったが、好ましくない。ただ正社員として再就職しており、雇用契約が続く間は検討委に諮れない」としている。総合ビジョンは「取材には答えるつもりはない」と話している。

 総合ビジョンはアニメ番組制作を担当している。 9月12日 毎日新聞


お役所を含めて、このように公共性の高い団体は概して身内に甘い感じがするのは何故なんでしょう。
民間だったらこんな再雇用は絶対にありえないことです。
それも「この八月に懲戒免職職員は再雇用しない方針を決めたばかり」と言うことは、今までは当たり前に再雇用していたと言うことの裏返しですよね?

どうもこういう団体の人たちの物差しがわからないなぁ。ずれてるとしか思えない。

挙句の果てに今回この問題が露呈した再就職先の総合ビジョンは「取材には答えるつもりはない」って断固たる決意!そんなところで別に力を入れて答えて頂かなくても全然構わないのですが、こういう会社が作るアニメ番組ってどうよ?って思っちゃいますよ。

あぁわかった!

下着泥棒のHow toもののアニメ作るのにこの方の協力が不可欠だったんだな。なるほど。
[PR]
by kazz1125 | 2008-09-12 19:45 | 時事


<< 幽体離脱 ぶら下がり拒否 >>