「ほっ」と。キャンペーン

お弁当

お天気に恵まれた昨日、長女と次女が卒業した僕の住む地域の小学校は運動会だったようです。
用があって丁度昨日の昼過ぎに帰宅したところ、午前中の種目の応援を終えた親御さんたちが三々五々帰宅しているところでした。
僕らが小学生の時は、運動会と言えばグラウンドに敷物を敷いてじいちゃんばあちゃん、親子で一緒にお弁当を食べたものですが、今はあまりそういう光景は見かけません。
核家族化が進み親御さんが運動会に来られない家庭も増えたりとか、色んな諸事情があってそういう風潮が定着したようです。

そんなお弁当・・・。
お弁当というと思い出す事があります。
以前にも少し書きましたが、次女が中一の頃、部活で仲間外れにされたことがありました。
ある保護者の方から「どうもおかしいよ」というお話を伺い、ある日そっと練習試合を見に行ったのです。
丁度お昼時。
15人くらいいた1年生部員が楽しげにお弁当を食べている輪から、数メートル離れたところでたった一人お弁当を食べている次女の姿がありました。
あの淋しげな姿はいまだに忘れられません。
あんなに美味しいはずのお弁当を、無表情で無味乾燥な砂を食べているようなあの姿は絶対に忘れません。

あれから丸三年、次女も高1になりました。
昨日ワタクシ、実は午後からの練習試合を見るための早退帰宅。
出掛けた高校の体育館には弾けるほどの笑顔でバスケを楽しんでいる次女の姿がありました。

きっと今の彼女には、たとえコンビニ弁当でも最高に美味しいお昼ご飯なんだろうなぁ・・・。
三年前。
それこそ柱の陰から見た、涙でぼやけて見えた次女の姿はどこにもありませんでした。

お弁当だけはみんなで食べた方が美味しいよね・・・、そんな事を思いながら後にした高校の体育館は、想いを一つにして練習を重ねる仲間たちの熱気で溢れていました。
[PR]
by kazz1125 | 2008-09-28 23:19 | 世間話


<< 弱いものイジメ 前途多難?あっ・そう >>