医療行政に投じられた一石

妊婦死亡 「国こそ反省を」石原都知事が厚労相に反論

 都立墨東病院などの搬送拒否問題で、東京都の石原慎太郎知事は24日、都の対応を批判した舛添要一厚生労働相の発言について「厚労省の医療行政が間違ってきて、お医者さんがこういう体たらくになった。こういう事態を作ったのは国じゃないですか。反省してもらいたいのは厚労省で、担当の大臣様だね」と反論した。

 石原知事は死亡した女性(36)のケースについて「これは医療事故じゃない。それだったら国に報告する責任があるが、(最終的に)ER(救急救命室)で処置している。お産というのは非常に危険な作業で、今度の場合はレアケースだった。そういう事態を踏まえてものを言ってもらいたい」と発言。そのうえで舛添厚労相を「年金の問題でも大見え切るけどいつも空振りする。もっと頭を冷やしてものを言ってもらいたい」と批判した。 10月24日  毎日新聞



本来、こんな医療トラブル(医療事故でないのならこうとでも言いましょうか)で医療行政に物を言う事自体情けない事です。
また亡くなられた妊婦さんには、非常にお気の毒であったとしか言いようがありません。
しかしながら、現実の医療の実態はこの通り。
救急医療に対しての対応が、東京だからといって地方と何も違わない事が白日の下に曝された
事件だとも言えるでしょう。

ワタクシ的には石原都知事は偏りすぎていてどうも好きになれない方なのですが、今回ばかりは正論の気がします。
舛添厚生労働大臣の、国の医療への取り組みの誤りが招いた事態を棚上げし、責任転嫁するような発言は看過することは出来ません。
但し石原氏もここまで公で批判するのなら、揚げ足を取られないような医療行政を都としても取らなくてはならないでしょう。
日本の首都・東京の首長である事を自負するのなら、少なくともこの発言に関して石原氏自身も医療行政の範たるべきであるのは論を待ちません。

でもね・・・。
能書きはどうでもいいんですよね。
苦しんでいる方がいれば、それをいち早く救うのが医療であるはず。
医療の原点を顧て頂きたい。
そうすれば自ずから答えは導き出せるはずなんですが・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2008-10-24 23:52 | 時事


<< 16歳 痛ぇ >>