16歳

自分が16歳の誕生日の時は・・・。
毎日持久走と腕立て伏せに明け暮れていた気がするのですが・・・。

私のことはさて置き、昨日・・・いやもう一昨日になりますね、25日は次女の誕生日でした。
次女も16歳になりました。
朝早くから学校に行き、バスケバスケバスケ、帰宅はほぼ22:00過ぎの毎日。

誕生日だからといって特別なことも今更無いのですが、妻が用意したケーキは「アンパンマン」。f0056698_1562337.jpg
小さい子じゃあるまいしこんなの喜ぶのかいな?と思っていたら、あにはからんや帰宅した次女は満更でもない様子でした。
16本のローソクは「アンパンマン」がかわいそうという理由で立てなかったクセに、あっさり顔にざっくりと包丁を入れて四等分して旨そうに食しておりました。

さて、アンパンマンから活力をもらった君は、明日からさらに頑張らなくちゃいけないね。

♪ 何が君の幸せ  何をして喜ぶ
  わからないまま終わる そんなのはいやだ
  忘れないで夢を こぼさないで涙
  だから君は飛ぶんだどこまでも
  
  そうだ、恐れないでみんなの為に
  愛と勇気だけが友達さ
                       アンパンマンマーチ 2番より抜粋

父や母があなたにして上げられる事は、いつの間にか応援する事くらいしかなくなっちゃったねぇ。ま、いっか。ふふふ・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2008-10-27 02:04 | 雑感


<< 何様? 医療行政に投じられた一石 >>