印象

服装、態度で22人不合格=成績は圏内-神奈川県立高

 神奈川県教育委員会は28日、県立神田高校(平塚市)で2004、05、07年度に行われた入学試験で、内申書、学力試験、面接の総合的な成績順位は合格圏内に入っていたのに、願書受け付け時の服装、態度などが悪く入学後の生徒指導が困難と判断した受験者22人を、選考基準に従わず不合格にしていたと発表した。
 県教委は、受験者、保護者の希望があれば入学させることも検討する。
 記者会見で渕野辰雄校長は、「先生方の生徒指導の負担軽減とまじめな子をとっていきたいという思いだけだった。大変申し訳なく思っている」と陳謝した。 10月28日  時事通信



こんなもん、陳謝する事なんかねーと思うんだけど。
願書受付時から試験の始まりだって、オイラが子どもの頃通っていた進学教室の先生も仰ってたモン・・・ってそんなのはど-でもいいんですが。
どちらかと言えば、それがその生徒の普段の姿な訳でしょ?
だったら面接の一環として判断されても構わないんじゃねーかとオイラは思うんですけどねぇ。成績はどうあれ当校の生徒としてふさわしくないと判断されるべきものが見受けられたということで。
まぁ、記者会見して謝っちゃった時点で学校側の負けですがね、これは・・・。

閑話休題。

我が娘の通う都立高校は、推薦入試と一般入試の二つがあり、その両方受験することが出来ます。
もちろん推薦入試の方が少し早い時期に行われます。
次女はその推薦入試の面接試験で、面接官の先生にお決まりの質問「我が校への志望動機は何ですか?」と聞かれ、こう答えたそうです。

「推薦で早く受かったらラクだからです・・・」次女は笑顔だけは絶やすまいと一所懸命答えました。
その瞬間、面接官の先生は眼が点になりしばし絶句し、少し不機嫌な顔つきにかわったそーです。
その空気感に、次女は推薦での合格をあきらめたと言っておりました。
もちろん結果もバッチリ不合格。
同じ学校に一般入試で辛うじて合格して、現在に至っている今でこその笑い話ですけどね。

人の印象とはそれほど大切なもの。
面接だろうが普段の姿だろうが誰かが必ず見ているんですよ。
気をつけなくちゃいけません・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2008-10-28 20:00 | 世間話


<< 青空ひとりきり 何様? >>