「ほっ」と。キャンペーン

一寸先は闇

ひどい不景気ですねぇ。
つい数ヶ月前と比較しても、肌で感じる事が出来るほどの不景気感。
仕事関係のよその方と話す度に、「仕事が無い・・・」「やりくりがものすごく大変だ・・・」
こんな会話の繰り返しです。
先日行きつけのとあるラーメン屋の大将と話をしていた時も、「売り上げが落ちている・・・」「客単価がすごく下がった」「家族連れが少なくなってきたねぇ」。
まぁ日本のトップ企業であるトヨタ自動車ですら大幅減益(それでも利益がある!)ということですし、これは何も日本国内に限ったことではないのですが、それにしてもあちこちでひどい落ち込みようです。
ワタシのところも他人事ではなく、この年末の資金繰りに頭を痛めております。
ただまだ救われてるのは、仕事だけは半年くらい先まではきちんと確保できている事でしょうか・・・。これだけでもありがたいとは思っているのですが。

50年後・・・いや100年後。
きっと世界史上に残る「21世紀の世界恐慌」なんでしょうねぇ。

Q:「21世紀の世界恐慌の契機となったのは?」
A:「アメリカのサブプライムローン」
その頃の高校生の、試験に出る世界史にはこんな一問一答が載るんだぜ、きっと。

まぁバカ話をしてる場合じゃないんですがね・・・。
一寸先は闇とはまさに今の時代の事かもしれません。
でもワタシがあんまり考え込んだってどうにもならないので、考えないようにしましょうかね。
とどのつまり、なるようにしかならん・・・と言う事ですか。
[PR]
by kazz1125 | 2008-11-30 02:13 | 雑感


<< 本屋さんの総理 本領発揮 >>