旗幟鮮明

公明との協力見直しも=衆院選、「比例渡していいのか」-自民・古賀氏
自民党の古賀誠選対委員長は15日夜、都内で各派事務総長らと会談し、次期衆院選について「180の比例代表をみすみす公明党に渡していいのか。自民党の政策で選挙を戦わないと弱体化する」と述べた。比例での公明党との協力関係を見直し、同党への投票呼び掛け禁止を徹底する考えを示唆した発言で、公明党の反発は必至とみられる。12月16日(時事通信)


自民党はだめだねぇ。もう末期症状。
この記事読んで感じたんですけど、これって単に「まず自民党ありき」ってことでしょ?
今まで長く公明と連立組んできて、雲行きが怪しくなってきたらまず自民だけ生き残ろうって、別にワタシは公明党支持者ではありませんが、これはちょっとひどいねぇ。
下の記事じゃないけど、我々が形振り構わず生活を立て直そうと言うのとは訳が違うもの。
仁義なき戦い。
こんなことすりゃ当然ご自分たちだって寝首を欠かれる事もあるんだけどねぇ。
丁度今世間で問題となっている「派遣切り・契約切り」と同じ手法ですな。
こんな輩がこの期に及んでもまだ政権を牛耳ろうとしているんだから、この一事をもってしても今の自民じゃ国民救済が出来ないのが良く判ります・・・。

中川秀直氏や渡辺喜美氏などの反麻生、反自民党執行部勢力の動きにも眼が離せなくなっている今、ただただ保身だけを図ろうとする形骸化した自民党執行部の「ずれてる感」は深まるばかり。

だけど民主もこの大不況に直面してから政権奪取へのトーンは下がり気味だしねぇ・・・。
他の政党は力が無さ過ぎだし・・・。

国のため国民のために本気で政界再編に向けて旗幟鮮明に立ち上がる議員が、そろそろ出てきてもいい頃なんだけどなぁ。
さて誰が先陣を切る事やら・・・。
何でもいいけど早いとこ頼みますぜ。

息苦しくて仕方ねぇや。
[PR]
by kazz1125 | 2008-12-16 10:39 | 時事


<< やっかみ 青息吐息 >>